ソーセージの家族の木

皆さんの大好きな「ソーセージ」は、「ハム」や「ベーコン」の仲間や親戚のようにも思えますが、「ソーセージ」は、ソーセージの仲間として、世界にはたくさんの種類があるんですよ。ソーセージの仲間は、世界に、数百種類はあるのではないかなどと言われています。●「ドメスティックソーセージ」・・・水分50~60%。やわらかく、長期保存ができない。「フレッシュソーセージ」「クックドソーセージ」「スモークドソーセージ」などにさらに分類ができる●「ドライソーセージ」・・・長期保存ができる。サラミなど。●「特殊な製品」・・・ひき肉ではなく、動物の血液や内臓などを腸詰めするソーセージ 上記のように、おおまかに3種類に分類されているようなのですが、日本も含めて、世界中で多くの人が食べているソーセージは、「スモークドソーセージ」だそうです。このほかにも、ソーセージは、たくさんの分類に分ける事ができるのですが、「ウインナーソーセージ」と、「フランクフルト」の違いをみてみましょう。「ウインナーソーセージ」・・・小型のソーセージ。オーストリアの首都であるウィーンの地名が名前の由来。直径2cm未満の羊の腸や人工的なケーシングなどに詰める。「フランクフルト」・・・中型のソーセージ。ドイツのフランクフルト地方が名前の由来。直径2cm~3.6センチの豚の腸や人工的なケーシングなどに詰める。 このように、ソーセージには、様々な仲間が世界中にいて、大きなファミリーツリーが描けるくらい、詰め物の違い、太さ、大きさ、製造工程などによって分類されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です